【驚愕】工事現場の職人に残業させようとしたエリート女性社員の末路がヤバすぎる・・・

【驚愕】工事現場の職人に残業させようとしたエリート女性社員の末路がヤバすぎる・・・

ドボジョが職人とやり取りしてる!

理系女子のことを、リケジョと言いますが、「ドボジョ」というのは、土木女子の愛称・略称だそうです。

建築業界は、親方について、一緒に修行していくイメージです。その建築業界にも、女性が進出しています。

国土交通省は、女性の活躍を応援していく方針です。建設業に従事する女性を、5年間で2倍にすることを決定しています。

ドボジョはツラい

色んな現場で、土木女子が活躍しています。女性だけに、様々な悩みも体験されているようです。

仕事の段取りが、上手く行かず、道路工事で、定刻通りに職人さんが帰ったりします。

男性としての矜恃もあります。女性の下で、言いなりになって働くことに耐えられないのでしょう。

ドボジョとして、ツラいところです。

職人さん(土木現場)

「職人は、お前たちの奴隷じゃない!」

ドボジョの方は、一生懸命、接していても、女性の言いなりになるのが、納得いかない男性職人は多いと考えられます。

ドボジョが現場で活躍する姿を応援しよう

女性は、この世の中に、男性の数と同じぐらい存在します。その女性の力を活用しなければ、これからの日本は、成り立っていきません。

適材適所と言いますが、男性だって、土木作業の現場には、積極的に、就業しようとしないようです。

我慢して、憶えないといけない作業も多いです。先輩後輩の厳しさもあります。その世界に、入り込もうとする女性。

それが、ドボジョです。

これからの日本を支えていくのは、若い力です。若い力の半数は、女性なのです。女性が職場で活躍するにあたり、協力する姿勢を持ちたいですね!

ネットの反応

・ドボジョと一緒に、仕事をしていこう!

・現場で、ドボジョを助けてやれよ。

・女の下で、働くのは、耐えられないという男が多い。

・失敗を沢山してから、成功に結びつく。

ドボジョと呼ばれる土木女子。土木建設業の厳しい現場で、一生懸命、成果を出そうと苦しんでいます。

これからの日本は、男女の差別なく就業することが大切ですね。

引用元:http://m-plus.club/archives/13445,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント