100歳の黒板にさようなら!取り外してみたらそこに小学校の秘密が眠っていた

思い出がいっぱい!

あなたは小学校生活で印象的な思い出はありますか?

運動会、文化祭、修学旅行・・・

沢山の人が学び羽ばたいて行く小学校は、沢山の人にとっての思い出の宝庫ですね。

さて・・・

今回はアメリカのオハイオ州にある小学校。

この小学校はなんと19世紀後半に建てられたと言われている歴史的建造物と言っても過言ではない建物なんです。

学校の中にある備品達もまた年代的なものばかり。

今回はこちらの小学校で100年以上前から使われている「黒板」にまつわるロマン溢れるお話をご紹介します。

年代物の黒板

こちらの小学校にある黒板は1917年に交換されて以来ずっと大切に使われてきました。

約100年以上も毎日使われていた事になります。

しかし、形あるものはいつかは壊れてしまうもの。

この黒板は老朽化が進んでいた為、今回各教室にスマートボードを導入し古い黒板を取り払う事にしました。

愛着ある教室の黒板

スマートボードとは、スマートフォンのように指のタッチを感知するセンサーが埋め込まれた「電子黒板」の事。

歴史的建造物に電子黒板・・・その光景もなかなか素敵ですね♪

100年以上も子供達の勉強を支え、見守ってきた黒板。

残念に思う先生や卒業生も多かったことでしょう。

惜しまれる声が多い中、ついに黒板取り外し工事の日がやってきました。

作業員が黒板の取り外しを行っていると・・・

作業員達は驚きのあまり「わっ」と声を挙げました。

取り外した黒板の裏側に驚くべき光景が・・・

黒板の裏側に・・・

作業員達が古くなった黒板を取り外すと、その下からもう一枚の黒板が現れました。

100年前に黒板を交換した際、前の黒板を取り外すことなく上から重ねて設置していただけだったのです。とりはずす黒板でさえ100年前のものなのに、更に古しい黒板がもう一枚!

100年前の文字や落書き

作業員を驚かせた理由はこれだけではありません。

その黒板には、チョークで書き込まれた計算式などの当時の授業内容や、落書きがそのまま残っていたのです。

チョークの持続力!

この100年間、産業革命や2度の世界戦争・冷戦など様々な事があった中、誰にも知られず眠り続けてきた黒板の文字や落書き。

なんだかちょっとロマンチックですね♪

音楽の授業

この黒板は音楽の授業を行った時の物がそのまま残されています。

こちらの黒板に書かれた文体から、音楽は今と変わらず「ドレミ」で習っていた事が分かりますね。

音名は「cde」と階名していることなどがしっかり区別されて教えられていたことが窺えます。

筆記体の文字が綺麗です。

落書きから分かる工事の日

ピンクのドレスを着た可愛らしい女の子。

右側には、クリスマスへのカウントダウンが記されています。

28日までチェックがあり、それからのチェックがありません。

29日が感謝祭の祝日なので、29日の休日中に黒板が新しく交換されたと言う事が分かります。

これに対する声

・現状を残しておくと歴史になる!

・日本だったら工事現場の遺跡と同じく土建屋が現場判断で破壊して知られることはなかっただろう。

・本当にほぼ100年なのがロマンチック

などなど、感動の声が続々と寄せられていました。

あなたはこの黒板を見て何を感じましたか?

市によって保存が決定!

100年間も眠り続け、私達に大きな感動を届けてくれた黒板は市の決定により保存される事が決まりました。

アメリカらしい粋な計らい!

とってもロマンチックな「100年前の黒板のお話」でした

引用元:https://academic-box.be/archives/26703,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント